シャプラニールと60団

シャプラニール(バングラデシュやネパールの支援をしている国際協力NGO団体)と60団とのお付き合いがはじまったのは、

あるスカウトの海外派遣がきっかけでした。

 

当時高校1年生だった文恵さんは、日本連盟とシャプラニールの共同事業

  「スタディーツアー」に参加。その後、報告会を開き、文恵さんの経験を

  みんなで共有し、団として継続的な支援活動はできないものかと考えました。

 

まず、シャプラニールの活動を多くの人に知ってもらうため、バングラデシュの

  手工芸品バザーを開きました。毎年、市民まつりに出店してはシャプラニールを

  紹介しました。また、カレーの試食会を開いた事もありました。

 

今、その活動は、シニア・レンジャーへと受け継がれ、

  「国際交流・協力フェスティバル」出展という形となっています。


ひとりのスカウトの海外派遣から始まった小さな支援の「種」は

やがて芽生え、少しずつ育っています。

この種は、新しくスカウト運動に関わる人にも芽生え

きっと大きく育っていくことでしょう。


武田文恵(旧姓横山)さんより

  1993年12月から翌年1月にかけての約2週間、日本連盟の派遣で

 バングラデシュへ行ってきました。

  現地では、シャプラニールの活動している村や識字教室を見学したり

 子どもたちの教室で授業をさせていただいたりしました。

 滞在したのは短い期間ですが、バングラデシュとのつながりは

 ずっと続いているような気がします。



特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会

 

 バングラデシュ、ネパール、インドといった南アジアの貧しい人々の生活上の

問題解決に向けた海外協力活動を行っています。

また国内では「日本でできる身近な国際協力」を提唱しています。

 

・農村開発:寡婦や障害者など、貧しいといわれる中でも最も厳しい状況におかれた

 人々への収入向上活動や、識字学級、保健衛生学級を実施。

 

・ストリートチルドレン、働く子どもたち支援:都市で親と離れて生活する子どもたちが

 安心して過ごせる施設の運営や、文字の読み書き、簡単な計算の青空教室を運営。

 

・フェアトレード:経済的・社会的に厳しい状況にあるバングラデシュとネパールの人々

 が生活向上を目指して作った手工芸品を輸入し、販売。

 

・国内でのイベント・講演会:現地の活動を伝えるイベントを、ボランティアとも協力

 しながら、企画・運営。